HOME>オススメ情報>養成機関を利用する際に選択で迷わない為に知っておくべき違い

なぜ養成機関を利用するのか

スタジオ

声優になる為にはプロダクションに所属する事が必要で、所属する事で多くのオーディションに参加する事ができます。このプロダクションに所属する事は簡単ではなく、オーディションに合格する必要があります。しかしこのオーディションも一般人を募集しているわけではなく、一定以上のレベルに到達している方のみが受けられます。つまり声優を目指そうにも最初からプロダクションのオーディションすらも受けられないのです。その為、一定以上のレベルになる為に専門的な知識や技術を教えてもらいに専門学校を多くの方が活用します。学校にはそれぞれ特徴があり、養成所やスクール、専門学校の3つに分かれています。それぞれ実績や講師、学内オーディション等独自のカリキュラムがあります。プロダクションはスカウトをモデルの様に一般人からする事はありません。声優を目指している専門機関等からは少なからずありますが、オーディションについても一般公表もしていません。公表しているのも養成機関だけです。つまり目指す為にも技術を身に着ける為にも養成機関に入る事は必須と言えます。

養成機関別の内容

女性

声優の養成機関は大きく分けて3つに分かれています。専門学校にスクール、そして養成所になりますが、それぞれ同じではありません。専門学校はその名の通りで専門的に声優に必要な知識や技術を学べます。学校なので卒業後には専門士の学歴を得る事ができます。基礎から学べるので声優を初めて志そうとしている方に特に向いており、知識や技術向上に最適の機関です。スクールも基礎から学べて専門学校とほぼ同じですが、学校法人として認可を得ていないので専門士の学歴は得られません。それはデメリットではなく、行政の縛りをあえてなくして先端の技術や独自の指導を行う為なので入学メリットも大きいです。養成所は今までの教育する機関という色が少ない特徴があります。養成所は自社の声優を養成する為にとプロダクションが直接経営している機関です。デビューチャンスは多いですが、自社の声優養成なので競争も激しい特徴があり初心者向けではありません。

広告募集中